親からもらった土地の税金関係は、

結婚して所帯を持ち子供も出来たのですが、長男として当然親と同居、親の家におりまして勿論、余計な家賃なんかは一切掛かりませんでした。 しかし、大阪でならば相続相談を嫁さんのほうは結構、親(義理の)に気を使っていて、時には愚痴の一つも聞く時があります。 又、親は親で特に母親の方も嫁のことをアレコレと陰ながら口にしているのです。

実は、我が家は半農半漁で畑や米作りを若干でもしておりますが、何れも近年に入って住宅地に近い事もあって、農地転用化しで市街化、宅地並みということになってしまっているようなので、即ち、宅地ということになっているのです。

こんな事情を親父の方も知ってか、「お前、この土地を一部お前ら夫婦に譲るから、家を建てないか」などといわれて、生前中に一部ですが土地を譲り受け、そこにマイホームをつくることにしたもです。

土地の広さはそんなに広くはなく80坪ほどでしたが、譲渡金額に換算すると不動産屋に聞いてみると坪当たり30数万円ということでした。 そして、評価額にしても10万円相当になるとされているので、税金関係でも贈与税には特に全く問題ないとも言われたのです。