親の遺産とは必ず引き継いだほうがいいのか?

親が亡くなるというのはあまり優先的に考えたいことではありませんが、それでもいつかはやってくることなので備えておかなければなりません。大阪での相続手続きならではその中に遺産問題がありますが、引き継ぎべき遺産が一見してなさそうであってもしっかり考えておかなければならないことがあります。

というのも、遺産というのは現金や土地、貴金属類だけではなく、負債や家賃などのいわゆる「負の財産」というのも法上では遺産として取り扱われます。

これらの遺産は財産分与、相続などの対象となるため、可能であれば負担だけが増えるのであれば相続したくはないですよね。そこで考えるべきなのが相続放棄です。

相続放棄をすればプラスとなる正の財産も相続できなくなりますが、負の遺産も相続しなくてよくなります。この中には家賃、毎月の支払、ローン契約、割賦残債などがすべて含まれます。それぞれの財産に対する相続放棄の手続き方法は異なる場合があるため、詳しくはそれぞれの窓口と必要に応じて弁護士や司法書士といった専門家に相談してみましょう。